環境への取り組み

日機装は1998年3月に「日機装環境宣言」を発表し、「循環型社会」に貢献する企業として努力しています。

日機装環境宣言

環境理念

日機装は、「いのち」と「環境」を原点に、独創的な技術で、世界に貢献することを目指して企業活動を進めています。いま世界は、自然との調和を求め、 「持続可能な発展」を図る社会への転換期にあります。日機装は、この方向に役立つ技術、製品、サービスを提供し、社会とともに成長を目指します。

行動指針

  1. 開発・設計の段階で環境・安全についての評価を行い、環境保全を配慮した製品の開発に努めます。
  2. 生産・流通・サービス・廃棄などの段階で発生する廃棄物・汚染物質の最小化と適切な処理に努めます。また、資源・エネルギーの節約に努めます。
  3. 環境関連の法律・規制・協定などを遵守することはもとより、自主管理目標を設定し環境管理レベルの向上に努めます。
  4. 社員への環境教育を徹底し、企業の一員として、また社会の一員として環境保全に努力することが重要であるという認識の定着に努めます。

環境管理システム

日機装は以下の環境管理システムでPDCAサイクル(Plan→Do→Check→Act)を回し、環境の継続的改善を実践します。

環境理念・行動指針→年度別環境方針→環境目的・目標の設定→環境マネジメント計画策定→実施と運用→点検と是正→経営層による見直し→継続的改善

環境マネジメントシステム(ISO14001)

環境側面の調査、著しい環境影響の特定、環境マネジメント計画の策定と実施、経営層による見直しなどを通じて環境マネジメントシステムの構築に取り組み、国際規格(ISO14001)の認証を以下の通り取得しました。
今後も環境汚染の予防、環境保全の継続的な改善に努めます。

東村山製作所 1999年1月
静岡製作所 1999年5月
金沢製作所 2000年5月

ページの一番上に戻る

環境活動計画・結果

各事業所ごとの環境活動の計画および結果です。

2016年度計画

事業所 環境目的・環境目標
本社(管理本部) エネルギー使用量とCO2排出量の削減
目標:2015年度エネルギー使用量(電気)および温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし1%以上削減
オフィス活動の環境負荷を低減
  1. OA用紙使用量の削減
  2. 廃棄物分別回収の徹底
東村山製作所 温室効果ガス総排出量を2015年から2017年度までに9%削減する
(基準2005~2007年度平均×5年間)
目標:3%・383t(年間排出量規制値 2170t)
廃棄物のリユース・リサイクル率の維持・向上
目標:廃棄物のリユース・リサイクル率 90%を維持・向上させる
環境に配慮した製品づくり
目標:環境にやさしい製品づくりテーマを2件以上実施する
環境教育・訓練の実施と地域・社会への貢献
目標:
  1. 年間の環境教育・訓練計画を100%実施する
  2. 地域・社会貢献活動を年2件以上実施する
技術開発研究所 温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:コピー用紙の使用量1%削減する(2015年度基準)
各部1件以上電子化を検討し推進する
環境にやさしい製品の開発
目標:継続した活動を展開する
廃棄物の削減と再利用推進
目標:リサイクル率98%以上
廃棄物取引先の環境保全活動推進
目標:2社以上
環境教育・緊急時の訓練
目標:環境基本教育の計画的な実施
金沢製作所 環境に配慮した製品づくりで、資源および材料使用量の削減
目標:2015年度の資源および原材料使用量の原単位を基準とし、各部で定めた目標値を達成する
エネルギー使用量(電気・重油)、温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:2015年度のエネルギー使用量(電気・重油)の原単位を基準とし、1%以上削減する
環境に配慮した製品づくりで、廃棄物量の削減とリサイクルの推進
目標:
  1. 2015年度の廃棄物量を基準とし、各部で定めた目標値を達成する
  2. 廃棄物の分別廃棄を100%徹底する
環境教育・訓練の実施と地域社会への貢献
目標:
  1. 緊急事態対応訓練を実施する
    (ALSOK安否確認訓練は、1回以上/2か月実施し返信率は各部で定めた目標値を達成する)
    (屋外タンク・危険物倉庫の緊急事態対応訓練は、2回以上/年)
    (その他、各部で定めた緊急事態対応訓練は、1回以上/年)
  2. 年間の環境教育計画100%実施する
  3. 環境に関する地域貢献・社会貢献に参加する。
    (地域貢献・社会貢献について4回以上/年実施)
事業活動による、環境影響の低減
目標:自部署の方針書・QC活動などを通じて、環境影響を低減し、各部で定めた目標値を達成する

2015年度結果

事業所 環境目的・環境目標  
本社(管理本部) エネルギー使用量とCO2排出量の削減
目標:2014年度エネルギー使用量(電気)および温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし1%以上削減
2014年度比 約3.53%削減
オフィス活動の環境負荷を低減
  1. OA用紙使用量の削減
  2. 廃棄物分別回収の徹底
  1. 使用量4.20%増加
  2. 達成度100%
東村山製作所 温室効果ガス総排出量を2015年から2017年度までに9%削減する
(基準2005~2007年度平均×5年間)
目標:3%・383t(年間排出量規制値 2170t)
総排出量 1,656t
 (897t削減、7.0%削減)
廃棄物のリユース・リサイクル率90%を維持・向上
(廃棄物のリデュース並びにリユース・リサイクル)
リユース・リサイクル率93.7%
標準モデル製品のLCAを実施する 2件(標準SGMモデルA枠、UDA導電率計)
環境教育・訓練の実施と地域・社会への貢献
目標:
  1. 年間の環境教育・訓練計画を100%実施する
  2. 地域・社会貢献活動を年2件以上実施する
達成度100%
静岡製作所 温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:コピー用紙の使用量3%削減する(2014年度基準)
  1. 2014年実比 17.0%削減
  2. コピー用紙  25.0%削減
環境にやさしい製品の開発
目標:テーマ2件以上(継続テーマ含む)
達成度100%
廃棄物の削減と再利用推進
目標:廃棄物総重量5%削減(2014年度基準)
リユース・リサイクル率 99.1%
廃棄物総重量2014年度比 23.0%減
廃棄物取引先の環境保全活動推進
目標:2社以上
達成度100%
環境教育・緊急時の訓練
目標:基本教育の計画的な実施
達成度100%
金沢製作所 環境に配慮した製品づくりで、資源及び材料を削減
目標:2014年度の原材料使用量の原単位を基準とし、1%以上削減する
達成度75%
温室効果ガス(CO2)排出量の削減。エネルギー使用量(電気・重油)の削減
目標:2014年度のエネルギー使用量(電気・重油)の原単位を基準とし、1%以上削減する
達成度0%
コピー用紙使用量の削減
目標:2014年度のコピー用紙使用量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
達成度100%
環境に配慮した製品づくりで、廃棄物量の削減とリサイクルの推進
目標:
  1. 2014年度の廃棄物量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
  2. 廃棄物の分別廃棄を100%徹底する
  3. 新規で発生する廃棄物のリサイクル化を1件以上進める
  1. 達成度57%
  2. 達成度100%
  3. 達成度100%
環境教育・訓練の実施と地域社会への貢献
目標:
  1. 緊急事態対応訓練を実施する
    (ALSOK安否確認訓練は、1回以上/2か月実施し返信率は各部で定めた目標値を達成する)
    (屋外タンク・危険物倉庫の緊急事態対応訓練は、2回以上/年)
    (その他、各部で定めた緊急事態対応訓練は、1回以上/年)
  2. 年間の環境教育計画100%実施する
  3. 金沢市、金沢テクノパークでの地域貢献・社会貢献に参加する
    (地域貢献・社会貢献について4回以上/年実施)
  1. 達成度100%
  2. 達成度100%
  3. 達成度100%

2014年度結果

事業所 環境目的・環境目標 結果
本社(管理本部) エネルギー使用量とCO2排出量の削減
目標:2013年度エネルギー使用量(電気)および温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし1%以上削減
2013年度比 約1.56%削減
オフィス活動の環境負荷を低減  
  1. OA用紙使用量の削減
  2. 廃棄物分別回収の徹底
  1. 使用量2.75%削減
  2. 達成度100%
東村山製作所 温室効果ガス総排出量を2014年度までに6%(基準2005~2007年度平均×5年間)削減
目標:1.2%・154t(年間排出量規制値 2400t)
総排出量 1,783t(770t削減、6.0%削減)
廃棄物のリユース・リサイクル率90%を維持・向上
(廃棄物のリデュース並びにリユース・リサイクル)
リユース・リサイクル率92.2%
標準モデル製品のLCAを実施する 2件(SGMシリーズポンプ、水素センサ)
全従業員に対し環境教育・訓練を実施 達成度100%
静岡製作所 温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:業務改革により環境負荷を5%削減する。(2013年度基準)
  1. 2013年実比 7.7%削減
  2. コピー用紙  16.9%削減
環境にやさしい製品の開発
目標:テーマ2件以上(継続テーマ含む)
達成度100%
廃棄物のリユース・リサイクル率の維持・向上
目標:リユース、リサイクル率98.5%以上
リユース・リサイクル率98.9%
取引先の環境保全活動推進
目標:2社以上
達成度100%
環境教育・緊急時の訓練
目標:計画の遂行
達成度100%
金沢製作所 環境に配慮した製品づくりで、資源及び材料を削減
目標:2013年度の原材料使用量の原単位を基準とし、1%以上削減する
達成度50%
温室効果ガス(CO2)排出量の削減。エネルギー使用量(電気・重油)の削減
目標:2013年度のエネルギー使用量(電気・重油)の原単位を基準とし、1%以上削減する
達成度29%
コピー用紙使用量の削減
目標:2013年度のコピー用紙使用量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
達成度83%
環境に配慮した製品づくりで、廃棄物量の削減とリサイクルの推進
目標:
  1. 2013年度の廃棄物量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
  2. 廃棄物の分別廃棄を100%徹底する
  3. 新規で発生する廃棄物のリサイクル化を1件以上進める
  1. 達成度100%
  2. 達成度100%
  3. 達成度100%
環境教育・訓練の実施と地域社会への貢献
目標:
  1. 緊急事態対応訓練を実施する
    (緊急事態対応訓練は、1回以上/2か月)
    (屋外タンク・危険物倉庫の緊急事態対応訓練は、2回以上/年)
  2. 年間の環境教育計画100%実施する
  3. 金沢市、金沢テクノパークでの地域貢献・社会貢献に参加する
    (地域貢献・社会貢献について4回以上/年実施)
  1. 達成度100%
  2. 達成度96%
  3. 達成度100%

2013年度結果

事業所 環境目的・環境目標 結果
本社(管理本部) エネルギー使用量とCO2排出量の削減
目標:2012年度エネルギー使用量(電気)および温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし1%以上削減
2012年度比 約0.35%削減
オフィス活動の環境負荷を低減  
  1. OA用紙使用量の削減
  2. 廃棄物分別回収の徹底
  1. 使用量8.25%増加
  2. 達成度100%
東村山製作所 温室効果ガス総排出量を2014年度までに6%(基準2005~2007年度平均×5年間)削減
目標:1.2%・154t(年間排出量規制値 2400t)
総排出量 1,947t (607t削減、4.8%削減)
廃棄物のリユース・リサイクル率87%を維持・向上
(廃棄物のリデュース並びにリユース・リサイクル)
リユース・リサイクル率94.1%
LCAを新規改良開発品に対して実施 1件実施(クライオジェニックポンプ 高効率 ラジアルディフューザ)
全従業員に対し環境教育・訓練を実施 達成度100%
静岡製作所 温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:
  1. 2013年度までに原単位比3%減(2010年度基準)
  2. コピー用紙の使用量5%削減(2012年度基準)
  1. 2012年実比 13.3%削減
  2. コピー用紙  14.8%増加
環境にやさしい製品の開発
目標:テーマ2件以上(継続テーマ含む)
達成度100%
廃棄物のリユース・リサイクル率の維持・向上
目標:リユース、リサイクル率98.5%以上
リユース・リサイクル率98.9%
取引先の環境保全活動推進
目標:2社以上
達成度100%
環境教育・訓練の充実
目標:計画の遂行
達成度100%
金沢製作所 環境に配慮した製品づくりで、資源及び材料を削減
目標:2012年度の原材料使用量の原単位を基準とし、1%以上削減する
達成度100%
エネルギー使用量(電気・重油)および温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:2012年度エネルギー使用量(電気・重油)及び温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし、各々3%以上削減する
達成度100%
環境に配慮した製品づくりで、廃棄物の削減とリサイクルの推進
目標:
  1. 2012年度の廃棄物量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
  2. 分別廃棄を100%徹底すると共に、非リサイクル品のリサイクル化を進め、各部で定めた目標値を達成する
  1. 達成度100%
  2. 達成度94%
環境教育・訓練の実施と地域社会への貢献
目標:
  1. 緊急事態対応訓練を実施する
    (緊急事態対応訓練は、1回以上/2ヶ月)
    (屋外タンク・危険物倉庫の緊急事態対応訓練は、2回以上/年)
  2. 年間の環境教育計画100%実施
  3. 金沢市、金沢テクノパークでの地域貢献・社会貢献に参加する
    (地域貢献・社会貢献について4回以上/年実施)
達成度100%

2012年度結果

事業所 環境目的・環境目標 結果
本社(管理本部) エネルギー使用量とCO2排出量の削減
目標:2011年度エネルギー使用量(電気)および温室効果ガス(CO2)排出量の原単位を基準とし1%以上削減
2011年度比 約8.2%削減
オフィス活動の環境負荷を低減  
  1. OA用紙使用量の削減
  2. 廃棄物分別回収の徹底
  1. 使用量18%増
  2. 達成度100%
東村山製作所 温室効果ガス総排出量を2014年度までに6%(基準2005~2007年度平均×5年間)削減
目標:1.2%・154t(年間排出量規制値 2400t)
総排出量 1,980t(573t削減、4.5%削減)
廃棄物のリユース・リサイクル率85%を維持・向上
(廃棄物のリデュース並びにリユース・リサイクル)
リユース・リサイクル率92.3%
LCAを新規改良開発品に対して実施 2件実施(LEWAポンプ用「Eサーボ」、および水質調整装置関連機器「恒温装置用電源部」)
全従業員に対し環境教育・訓練を実施 達成度100%
静岡製作所 温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:
  1. 2013年度までに原単位比3%減(2010年度基準)
  2. コピー用紙の使用量5%削減(2011年度基準)
  1. 2010年実比 32.9%削減
  2. コピー用紙 2.1%増加
環境にやさしい製品の開発
目標:テーマ2件以上(継続テーマ含む)
達成度100%
廃棄物のリユース・リサイクル率の維持・向上
目標:リユース、リサイクル率98.5%以上
リユース・リサイクル率98.9%
取引先の環境保全活動推進
目標:2社以上
達成度100%
環境教育・訓練の充実
目標:計画の遂行
達成度100%
金沢製作所 地球環境保全に配慮した製品づくり
目標:地球環境保全に配慮した製品アセスメントを実施
達成度100%
エネルギー使用量(電気・重油)および温室効果ガス(CO2)排出量の削減
目標:2011年度エネルギー使用量(電気・重油)および温室効果ガス(CO2)排出量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
達成度89%
工場排水の環境負荷低減と汚染予防
目標:工場排水の社内基準値を順守する
達成度100%
環境に配慮した製品づくりで、廃棄物の削減とリサイクルの推進
目標:
  1. 2011年度の廃棄物量を基準とし、各部で定めた削減目標値を達成する
  2. 分別廃棄を100%徹底すると共に、非リサイクル品のリサイクル化を進め、各部で定めた目標値を達成
  1. 達成度50%
  2. 達成度100%
環境教育・訓練の実施と地域社会への貢献
目標:
  1. 緊急事態対応訓練の見直しと充実を図る
    (緊急事態対応訓練は、1回以上/2ヶ月)
    (屋外タンク・危険物倉庫の緊急事態対応訓練は、2回以上/年)
  2. 年間の環境教育計画100%実施
  3. 環境に対する地域貢献・社会貢献に積極的な参加を図る(4回以上/年)
達成度100%

ページの一番上に戻る

環境関連製品

日機装では、環境活動の一環として、環境に配慮した各種製品の開発・販売を行っております。

日機装ノンシールポンプ
ポンプ部とモータ部が一体構造となっているポンプです。漏洩による危険や環境汚染の心配がなくまた低騒音、低振動、高効率で環境負荷の少ないポンプです。

日機装LEWAエコフローポンプ
ダイヤフラム保護システム(DPS)を装備した、革新的な定量ポンプで、製造・環境に対して最大の安全性を提供いたします。

日機装クライオジェニックポンプ
クリーンなエネルギーであるLNG等の低温液化ガス用ポンプです。ポンプとモータを一体とし、液化ガスに直接浸漬する構造のため、ガスがポンプから漏れません。

日機装ゴーマンラップポンプ
下水、汚水、排水などの設備に使用する自吸式ポンプです。雑排水、雑汚物などを効率良く排水でき、良好な環境が維持できます。

ヒートレスドライヤ
粉体の圧送、半導体製造工程の窒素ガスの代用など乾燥空気を作る装置です。加熱にヒータを使用しない省エネタイプの製品です。

ITABAR流量検出器
液体、気体、蒸気の流量検出器です。流れを絞る構造ではないため、永久圧力損失が小さく、オリフィスと比較すると、運転コストが大幅に低減できるため、省エネルギー対策に有効です。

カスケード・エルロン 等
CFRP製航空機部品

機体の軽量化に寄与し、航空機の低燃費化による大気汚染防止の一助となっています。


トップページ > 会社情報 > 日機装の取り組み > 環境への取り組み