日機装クライオジェニックポンプ(低温用サブマージドポンプ)

LNG/LPG等の低温液化ガス用サブマージドモータポンプです。特にLNGはクリーンなエネルギー源で、環境問題への対応として重要な資源であるため、このポンプはエネルギー産業を中心に広く用いられています。

  • ポンプとモータを一体にして液化ガスに浸漬するサブマージド構造のため、液化ガスがポンプから外部に漏洩しない
  • シンプルな構造でかつ軽量のため、保守が容易
  • 設計上軸受荷重を最小にしているため、軸受は長寿命
  • ポンプをLNG(-162℃)で運転できる試験設備を保有

引抜型

タンクからの払い出し用、及び非常時の荷揚げ用ポンプとして用いられる型式でタンク内の残液とは無関係にコラム内のローカルパージのみで、ポンプの出し入れが行える方式です。

ページの一番上に戻る

ポット型

移送ポンプや払い出しポンプ又は、ブースタポンプとして用いられる形式でポンプはサクションポットという圧力容器の中に据付けられます。ポンプのメンテナンスの際にはサクションポット出入り口のバルブを閉じて、ポット内部をN2ガスで置換することによってポンプを取り出すことが出来ます。

ページの一番上に戻る

定置型

主に液化ガス運搬船の荷揚げ用として用いられる型式で、ポンプはタンクの底部に固定されるか、または吐出管フランジ部で吊り下げ固定されます。メンテナンスの際にはタンク全体を作業上安全な大気状態に置換する必要があります。

ページの一番上に戻る

コジェネ用小型高速

分散電源設備用に設計されたコンパクトなLNGポンプです。インバータ制御により、ソフトスタート及び発電負荷に応じた回転数コントロールが可能です。

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお願い致します

  • Webから問い合わせる
  • この製品・サービスを取り扱う近くの拠点一覧を見る

トップページ > 製品・サービス > ポンプ・コンプレッサー > 日機装クライオジェニックポンプ(低温用サブマージドポンプ)