薬液注入装置

薬液注入装置 外観

薬液注入装置

薬液注入装置は、ボイラプラントの水質を最適な状態に維持・管理するために、各種薬液を注入する装置です。
ボイラプラントでは、系統内の腐食を最小化し、プラントの安全性を高めるために、各種薬液を注入して水質を調整します。
弊社製品では、プラント水質に合わせて薬液量を自動制御し、信頼性の高い制御容量ポンプを用いて、各種薬液を注入いたします。

酸素注入装置 外観

酸素注入装置

特徴

  • 試料採取装置と併用することにより、水質調整を自動化することが可能です。通常運転時のみならず、運転員の負担が大きいプラントの起動/停止時の水質調整を自動化することが可能です。
  • オプションの薬品自動溶解装置や希釈装置を使用することにより、危険な薬品を人手を介することなく溶解・希釈することができます。

注入薬品例

  • アンモニア(pH調整による腐食対策)
  • ヒドラジン(脱酸素剤)
  • りん酸塩(pH調整による腐食対策)
  • 亜鉛(原子力発電所における被爆低減対策)
  • 酸素ガス(腐食対策)
  • 硫酸第一鉄(復水器の腐食対策)
  • その他 各種薬品に対応致します。

マーケット

火力発電所、原子力発電所、石油化学プラント

設計上の配慮

薬液注入ポンプには、高揚程と高い吐出精度が要求されるため、弊社製の信頼性の高いポンプを採用しています。また、操作性やメンテナンス性、耐食性を考慮した設計となっています。

構成機器類

ミルフロー容量制御ポンプ

タンク

制御盤

お問い合わせ

精密機器事業本部 電力システム部

Tel: 03-3440-3428 / Fax: 03-3440-2542

  • Webから問い合わせる
  • この製品・サービスを取り扱う近くの拠点一覧を見る

トップページ > 製品・サービス > 発電所用水質調整装置・医療/バイオ装置 > 薬液注入装置