日機装に入社した理由

職場環境など総合的に考えて
自分にとって十分に魅力的だと感じました。

大学院での専攻は機械工学でしたが、研究室では病気の治療などに繋がる細胞の動態研究をしていました。そうしたことから、漠然と「研究成果を通じて医療につながる仕事がしたい、さらに専攻の機械工学の知識も活かしたい!」と考えるようになり、就職活動にあたっては医療・医薬に関わりのある製造業にアプローチしました。

就職活動を始めて間もなく、研究室の同期との情報交換をきっかけに知った企業が日機装でした。正直、その時はあまり印象には残っていなくて、「こんな会社もあるのか」といった程度でした。しかしその後、企業研究を進めていくにつれて「医療機器の設計や製造に直結する仕事」という自分の志望に合致すると思うようになり、日機装にエントリーしました。そのため私はメディカル事業を志望していましたが、選考段階の途中で人事部の方からインダストリアル事業への変更を提案されました。その時はしばらく悩みましたが、改めてインダストリアル事業について調べ直してみると設計から製品製造まで機械工学の知識が発揮できることを知り、面接などを通じて感じた職場環境など総合的に考えて十分に魅力的だと、最終的に入社を決断しました。

私の仕事

医薬品を精製するために必要な
製造用液体クロマトグラフィー装置の
研究開発を担当しています。

インダストリアル事業では、石油化学などを対象とした特殊ポンプ製品が、その多くを占めています。そうした技術をほかの分野、とくに日機装では医薬業界をターゲットに製品ラインナップを広げていくのが今の部署の役割です。そのなかで私は、不純物を含んだ原材料から目的の医薬品成分を取り出すための「液体クロマトグラフィー装置」を主に担当しており、装置に関わる試験や書類整備、必要に応じて営業支援など、広く対応しています。

とくに試験などをやる時は、計画や資材の手配、実行まで自分で主導するため、責任感や緊張感を感じるとともに、自分が中心となって場を動かしているという達成感を感じます。また、仕事の幅が広がっていくと当然知識は深まっていく一方、知らないことや知らなければならないことが増えていきます。それもやりがいになっています。

日機装の魅力、特徴

社会の基盤を支えている会社であり、
その範囲は多岐にわたっています。

日機装は、決して知名度の高いわけではありませんが、当社の製品や技術は、確実に社会の基盤を支えており、そしてその範囲は多岐にわたっています。また、お客様の信頼の高さに裏付けられた、長期にわたって積み重ね、磨かれてきた技術や知識があります。皆さまの思う“仕事像”と合致するのであれば、ぜひ一緒に日機装で働きましょう。

また、海外とのやり取りも増えてきています。グローバルに活躍したいという方にも挑戦しがいがあると思います。私もいつか海外と対等に仕事ができるようになりたいと思っています。一緒にがんばりましょう!