Environment 環境

環境への取り組み

日機装は、「いのち」と「環境」を原点に、独創的な技術で、世界に貢献することをめざして企業活動を進めています。いま世界は、自然との調和を求め、 「持続可能な発展」を図る社会への転換期にあります。日機装は、この方向に役立つ技術、製品、サービスを提供し、社会とともに成長をめざします。

この目標実現に向けて、日機装は、「環境理念」と「行動指針」からなる「日機装環境宣言」を1998年に発表し、循環型社会に貢献する企業としての第一歩を踏み出しました。
4項目からなる行動指針では、環境配慮型の製品開発、生産から流通、廃棄にいたるまでの各プロセスにおける廃棄物や汚染物質の最少化、環境管理レベルの工場に加えて、社員の環境教育の徹底を挙げ、社会の一員として環境保全に努力することの重要性を説いています。

Social 社会

お客様への取り組み

日機装は、お客様の課題と真摯に向き合い、問題解決に必要なあらゆる技術を提供することで、お客様から選ばれ続ける企業となることをめざしています。各専門領域の世界のトッププレーヤーたちから信頼される製品・サービスを安定して供給することが使命である日機装にとって、「品質」は生命線であると考えています。さらに、品質に加え、コスト、納期を含めたQCD(Quality Cost Delivery)向上についてグループ全体で取り組んでいます。

多様性の確保への取り組み

日機装は、グループ内の異なる経験、技能、属性を反映した多様な視点や価値観の存在が持続的成長を達成する強みになるとの認識のもと、性別・国籍を問わず、多様な人材が適材適所で活躍することができるよう、環境の構築に努めています。

<女性活躍推進の取り組み>

日機装では、女性従業員が育児・出産により退職することは貴重な人的資源を喪失することと捉えているため、育児休業制度や時短勤務制度、フレックスタイム制の導入など、法律が求めている以上の仕組み・制度を整え、能力を十分発揮することができるよう図っています。2017年度の女性従業員数は前期比で121名増加し、女性比率は24%となりました。
一方で、2017年度末の女性管理職の数は前期末比で3名増加したものの、まだ十分なレベルにはありません。また、総合職に占める女性の割合や、応募者の男女比率と比べ、女性の採用比率が低いことなどを課題と認識しております。
このため、2016年4月からの3年間で、総合職採用に占める女性の割合を20%以上とすることを目標とした行動計画を立案推進しています。目標達成に向けては、「女性総合職応募者増加の取り組みと採用の推進」「女性総合職採用を推進し、将来の管理職候補者として育成のために、各事業部門における職域の拡大と個別具体的育成施策の立案・実施」という二つの取り組みを実施しています。

<グローバル人材の活用と育成>

日機装は近年、海外における事業拡大とそれに伴う海外拠点が増大しています。2017年度末における海外売上高比率は61%、海外従業員比率も73%と上昇しており、国内と海外をつなぐグローバル人材は必要不可欠となっております。そのため、優秀な人材であれば、国籍を問わず積極的に採用を実施しています。また、若手従業員の海外拠点への派遣などを実施し、グループ間の人材交流を図っています。
このような取り組みを通じて、世界中のお客様に最適なソリューションを提案できるグローバルな視野を持った人材の育成を図っています。

地域社会への取り組み

日機装は、企業は単独では成立せず、地域社会などとの協働、共存によって成立するものと考えています。そのため、生産・技術開発拠点を配する金沢・東村山・静岡やグループ会社LEWA社などを中心に、地元に根付いた地域貢献活動や各種の支援活動を展開しています。

Governance ガバナンス

コーポレート・ガバナンスへの取り組み

日機装は、コーポレート・ガバナンス体制を強化し、意思決定の透明性、公正性を確保するとともに、迅速・果断な意思決定ができるよう努めてきました。また、社会の一員として健全な社会倫理・価値観を共有し、ステークホルダーとの良好な関係構築に努めると同時に、ほかにない技術の提供を通じて人々の暮らしの根幹分野で創造的な貢献を果たすことを経営理念とし、持続的な成長と中長期的な企業価値向上をめざしています。