広範な流量・圧力・アプリケーションに
対応できる高精度注入ポンプ

特長

ダイアフラムで密閉することで液の漏えいなく、高い圧力、高い吐出精度で液体をプロセスへ注入する往復動ポンプ。

主な特長

  • 高い吐出精度
  • 幅広い流量制御範囲
  • 微小~大流量までの幅広いラインアップ
  • ダイアフラムタイプで最高120MPaまで対応
  • ダイアフラム破損防止機構の搭載
  • 国際規格および各国規格への適合
  • サニタリー/ハイジェニック仕様もオプション対応

接液部の構造

ストローク長調整

用途例

長年の豊富な実績に基づく技術対応力と信頼性、高い注入精度と長寿命の実現で、主に石油化学、石油精製、電力、製薬、上下水道や工場排水等の水処理など幅広い分野で採用されています。

PICK UP1インライン混合によりコスト低減

当社高精度ポンプで連続注入し、複数の液体をインライン混合することで、混合用のタンクおよび攪拌機を省略でき、イニシャルおよびランニングコストの削減や省スペース化を図れます。

用途

  • 塗料のインライン混合
  • その他化学合成のインライン混合

インライン混合の導入例

PICK UP2吐出量の制御で液混合を自在に調整

当社独自のインテリドライブ技術により、サーボモータがピストンの動きを制御し、さらに、正確なストローク位置情報を得ることで、往復動ポンプの複雑な吐出量制御を実現。2連もしくは3連にすれば、無脈動運転も可能に。油圧ダイアフラム、直動ダイアフラムポンプ問わず、搭載することができます。

用途

  • 2種液体の多機能ミキシング
  • 高粘度液の搬送
  • 精密充填
  • 幅広いターンダウン比

2種類の液体を1つのポンプでミキシング

液1と液2を順番に吸い込み、混合液を吐き出すことができます。液の混合比率はコントローラで調整できます。また、混合液の吐出量は、ポンプの回転数で調整ができます。

高粘度液の搬送

高粘度の液体をゆっくり吸い込み、素早く吐出することができます。従来のような大きなポンプヘッドは必要ありません。

吐出量が変動する場合

押し出し成型などの分野で、ダウンタイムを最小にできます。

製品一覧

最新のダイアフラム技術を駆使したエコフローポンプ

ダイアフラム保護システムDPS(Diaphragm Protection System)を装備した革新的な汎用定量ポンプです。

<性能範囲>

  • ポンプヘッド当たりの最大流量:34 m3/h
  • 最大運転圧:120 MPaG
  • DPSによる安全性
  • 経済性
  • 広範な用途に対応

新開発の日機装LEWAエコフローポンプは豊富な種類の標準コンポーネントで構成され、さまざまな顧客ニーズに応じた仕様に最適に対応。そのため、高品質なポンプを適切な値段で提供することが可能となります。これは、従来の「モジュラーシリーズ」ではカバーできなかった特殊要求に対し、50年来の経験に基づいた解決策をご提供できることを意味しています。

高圧大流量のトリプレックスポンプ

世界最大級のダイアフラムポンプです。トリプレックスポンプは大流量・高圧用で、サンドイッチ式ダイアフラム(破損検出器付き)にすることでさらに安全性を向上。スペースを小さくできるモノブロック式とモジュール式をご用意しています。

無脈動を実現したパルスレスポンプ

特殊設計されたカムおよび高性能チェッキバルブを使用することにより無脈動、高吐出精度を実現するパルスレスシリーズ。

汎用性の高いミルフローポンプ

凝集剤、助剤、中和剤、滅菌剤等、あらゆる用途の薬液注入に対して最適なパフォーマンスを発揮するMXシリーズ。

  • 吐出精度通常±0.5%以下
  • ダイアフラムの破損検知が可能
  • 自動制御により吐出量調節可能
  • モータは、縦横いずれの方向にも取り付け可能

作動油のコンタミの心配がないエコドスポンプ

直動型高品質ダイアフラム定量ポンプです。テフロン製ダイアフラムに四層構造を採用し、高い安全性と密閉性を確保します。また、多連ポンプへの対応が可能です。

<性能範囲>

  • ポンプヘッド当たりの最大流量:1.5 m3/h
  • 最大運転圧:2.0 MPaG

洗浄性を高めたハイジェニックタイプ

デッドスペースを最小にし、さらに電解研磨による滑らかな表面仕上げを施し、洗浄性を高めたことでCIP、SIPにも対応。製薬や食品分野に適したモデル。

極微小流量・高精度マイクロフローポンプ

ソレノイド駆動により極低流量域においても高い吐出精度を有す。ダイアフラムは金属ダイアフラムを標準採用し、高圧対応も可能。JIS防爆認証取得済み。

シンプル構造のグランド・プランジャータイプ

毒性・腐食のない液を取り扱う場合には、シンプルな構造で効率の面からも有利なグランド・プランジャータイプが最適です。プランジャーで直接取扱液を押し出す構造のため、より高い精度・効率を実現します。

吐出量を自在に操るインテリドライブ

サーボモータによりピストンの動きを自在に制御し、さらに正確なストローク位置情報を得ることにより、吐出量の複雑な制御を実現。2連もしくは3連とすることで無脈動運転も可能。油圧ダイアフラム、直動ダイアフラムポンプ問わず搭載可能。

クロマトグラフィーシステムへの応用例

青、緑:従来ダイアフラムポンプ1、2(2連ポンプ)
オレンジ、ピンク:インテリドライブ技術を用いたポンプ1、2(2台)

2台のポンプをインテリドライブで制御することによって、従来の3連ポンプよりも脈動を抑えることが可能となります。