技術を大切に
してくれている

自分が専攻してきた機械工学の技術がダイレクトで活かせることもそうですが、何より技術を大切にする会社だと知り、ますます日機装に惹かれました。そうした誠実な姿勢は、面接時などにも社員の方から感じました。

機械工学専攻
日機装技研株式会社
開発

「ニッキソーって、
何の略?」

「ニッキソー」という社名への疑問がきっかけで興味をもちました。調べてみると身近なところで世の中に欠かせない製品を作っていることがわかりました。会社見学に参加して社内の雰囲気が良かったので応募しました。

流通経済学専攻
インダストリアル事業
生産管理

会社の姿勢に惹かれて

「独創的な技術で世界に貢献する」という会社の姿勢に惹かれて、日機装に興味をもちました。選考中は人事担当の方が押さえておくべきポイントやどういった姿勢で臨むべきかアドバイスをくださり、とてもあたたかい会社だと感じました。

英米語学専攻
インダストリアル事業
企画

“縁”です

地元が東村山だったので、子どもの頃に会社主催の運動会や工場見学に参加しているなど、強い“縁”を感じていました。また、工場見学で目にした“女性社員の働く姿”に憧れたこともきっかけです。

経営学専攻
精密機器事業
事務

世界が広がる
予感があった

日機装には、事業や製品、技術が多様なばかりでなく、技術や製造、営業などそれぞれのスペシャリストがいることがわかり、「さまざまな分野の人と有機的に関わるなかで、自分の世界を広げられるのでは」という予感がありました。

経営学専攻
インダストリアル事業
営業

「それ」が「そこ」に
あったから

大学時代の研究室で、人工心臓の研究に日機装の製品を使用していました。教授の評価も上々で、製品の信頼も高かったので志望しました。最初はまじめそうな印象でしたが、社員の方はフランクで楽しそうな会社だと感じました。

電子情報工学専攻
インダストリアル事業
技術

オリジナルの
高分子膜に惹かれて

卒業研究で取り扱った「透析膜」の1つにPEPA膜があったことで、日機装を知りました。エンジニアプラスチックを用いたオリジナルの高分子膜を開発し、世界に唯一の製品を製造販売していること、若手技術者が新しい製品を生み出していることに惹かれました。

材料工学専攻
メディカル事業
営業

成長への
憧れを抱いて

日機装に転職した理由は「海外顧客と日々直接コミュニケーションが図れる」「航空宇宙事業はまだまだ成長中」ということ。さらに転職組でも第一線で活躍できると聞き、自分にもまだまだ成長できるチャンスがあると考えました。

国際関係学専攻
航空宇宙事業
営業

まだ、
世界にないものを

結晶成長や光学解析の技術、機械製作能力などをもつ日機装は、以前の会社で研究していた「深紫外線LED」を一番最初に実現できそうな会社だと知りました。世界にないもの、そして私が求めていたものがあると思いました。

応用物理学専攻
日機装技研株式会社
開発

「日本の技術力」を、
世界の人々に

英語力を活かして日本の技術を世界に発信する仕事を探していました。日機装の航空機関係部品は、海外の顧客がメインでまだまだ未開拓の製品が多々あって、新しいことに挑戦するチャンスがたくさんあると思いました。

国際関係学専攻
航空宇宙事業
営業

自分を必要として
くれたから

面接での「ゆくゆく結婚や出産を経験しても、違う職種を希望して異動しても、定年まで働いてほしい」「長く勤務できる未来を支える人材を募集している、ぜひ一緒に働きましょう」というプロポーズのような言葉に感動しました。

政治学専攻
管理部門
企画

「いのち」と「環境」
に惹かれて

当時のパンフレットに記載されていた「いのち」と「環境」という言葉に強く惹かれました。また、工場見学に参加した際にも社員の方の雰囲気が良く、案内してくださった方も親切で、一緒に働いてみたいと思いました。

流通経済学専攻
管理部門
事務

社会の役に立てる
仕事がしたかった

日機装を志望した理由は、「人や社会の役に立てる仕事がしたい」と思ったからです。実際に入社した後も“常に顧客目線で製品を作る”というやりがいのある業務に就かせてもらっており、日機装を選んで良かったと思っています。

鉱山学専攻
営業推進
企画

“エンジニア経験のある
営業”として

技術者として働くなかで「営業」に興味をもち始めて、転職を決意。そんな時に日機装が「深紫外線LED」という領域にいち早く取り組んでいることを知り、私も“エンジニア経験のある営業”として挑戦してみたいと思いました。

電気工学専攻
日機装技研株式会社
営業

ものづくりの姿勢

サービスではなく製品として形が残るもの、何か大きなものを販売したいという好奇心から、日機装の営業職を志望しました。製品や技術、そして製造業としてのものづくりの姿勢が“超一流”であったことが、最終的な決め手です。

経済学専攻
インダストリアル事業
営業

勢いは、大事

アメリカで仕事をしていた当時は小さな会社に勤めていたので、大規模な会社に挑戦するのにはドキドキでしたが、「いろいろな経験を積むことは自分の財産となる!」と思い、“勢い”で決めました。決断時の勢いは大事です。

海外学校出身
Nikkiso Vietnam, Inc.
品質管理

人の役に立つ
研究を

大学院では基礎研究を行っていましたが、仕事をするなら「人の役に立つことに直結する研究がしたい」と考えていました。日機装なら薬学の知識を医療機器に活用して、新しい治療法を医療の現場に提案できるのではと感じました。

生命薬学専攻
メディカル事業
技術

第一印象から
決めていました

最初の説明会で事業内容や会社の規模、勤務地などを聞いた時からビビビッときていて、「この会社に決まりそう」と勝手に思っていました。選考が進むなかでますます自分に合いそうな会社だという思いを強めました。

機械工学専攻
Nikkiso Cryo, Inc.
技術

日本を支える
製造業で

最初に務めたのが金融業界だったこともあり、日本経済を支える製造業で働きたいと思っていました。そのなかでも日機装は成長過程にある会社で、自分の専門性を活かした仕事を任せてもらえそうだと判断して、入社を決意しました。

経済学専攻
メディカル事業
企画

きっかけは論文

大学では医療工学研究室に所属しており、日機装の携わった論文を読んだことがきっかけで興味をもったのを覚えています。日機装について調べていくうちに、人工膵臓や血液透析装置などといった製品の魅力に惹かれていきました。

電気電子工学専攻
メディカル事業
開発

気持ちがあれば
何とかなる

「特色ある製品を通じて、人の役に立ちたい。」その気持ちさえあれば、“The理系商材”や“専門用語が並ぶ世界”であっても自分の努力次第で何とかなるだろう!――という根拠のない自信も、間違いではなかったと感じています。

マネジメント学専攻
マイクロトラック・ベル株式会社
営業

「ニッチな
メーカーリスト」

「ニッチなメーカーリスト」 というものに日機装の社名が載っていたことがきっかけで興味をもちました。決め手になったのは、独創的な技術・製品だからこそ市場での存在感や市場シェアの大きさがあり、企業としての安定性に優れていたことです。

国際コミュニケーション学専攻
管理部門
企画

目からうろこ

「よく知らない会社だし、先進的な製品は手がけていないだろう」という先入観は見事に裏切られました。多角的な製品をもち、トップレベルの市場シェアを獲得していることを裏付けする技術力の高さに惹かれ、入社を決断しました。

情報通信工学専攻
管理部門
企画

間違えた…

間違えた…。 と、面接会場に行ってから日にちを間違えたことに気づいたのですが、担当の方が「ホテルとりましょうか?」と親身になってくださり、最終面接でも面接官が笑い話にしてくださり、この会社の“人柄”に惚れました。

経営学専攻
精密機器事業
営業

ハートに火が付いた

この会社に入れば技術者として成長していけると予感し、それを大学の就職担当教授に相談したところ「日機装は優良企業だから君にはハードルが高いかもね」と言われ、負けず嫌いの私のハートに火が付いたことがきっかけです。

生産システム工学専攻
精密機器事業
技術