学生の皆さまからよくご質問いただく事項について
一つずつ、極力丁寧に、お答えします

「選考活動」について

Q採用予定の人数を教えてください。
A採用数は毎年変更いたしますので、詳細は「募集要項・選考プロセス」をご確認ください。
Q選考プロセスと詳細スケジュールについて教えてください。
「事業別採用」とありますが、複数の事業を併願することはできますか。
A選考プロセスは「募集要項・選考プロセス」に掲載しています。詳細スケジュールについては、リクナビの当社ページをご覧ください。複数事業の併願は基本的には受け付けておりませんが、希望する事業を第1希望から第3希望までお伺いします。応募する事業を迷われている方は、説明会や面接の際に遠慮なくご相談ください。また、面接のなかで専門性や適性を見て、当社から適性のある事業を提案させていただく場合もあります。
Q説明会(自社・合同・学内)の開催予定を教えてください。
A説明会の日時・会場についてはリクナビの当社ページをご覧ください。 リクナビから当社にエントリーいただき、リクナビで選考説明会のご予約をすることができます。
Q既卒ですが、応募することは可能でしょうか。
A既卒3年以内(第2新卒)の方まで応募可能です。なお、既卒4年以降の方は、中途採用として選考させていただきます。
Q海外に留学しているのですが応募はできますか。
A留学中の方でも応募可能です。ただし、海外での選考説明会は行っておりませんので、帰国後にぜひ選考説明会に参加していただければと思います。また、当社は現在、海外展開を積極的に進めており、海外の案件も豊富にありますので、語学力を活かして活躍できるフィールドが数多く存在します。
Q外国人留学生の応募は可能ですか。
A応募は可能です。近年では毎年、外国人留学生の方にご入社いただいており、当社の海外展開に貢献いただいています。
QOB・OG訪問は受け付けていますか。
OB・OGの方を紹介いただくことは可能ですか。
AOB・OG訪問は基本的に実施していません。ただし、選考途中で先輩社員と対面できるイベントを適宜開催しています。日時や会場などは、選考の段階でお知らせします。
Q工場見学の機会はありますか。
A選考途中で工場見学を実施しています。日機装の製品や製造工程を間近で見ていただき、当社が誇る高い技術を実感していただければと思います。また、見学後には先輩社員との座談会も開催していますので、仕事内容ややりがいなどについても質問いただけます。

「会社」について

Q同業他社と比べた日機装の特徴や強みを教えてください。
A日機装は創業以来、他社が真似できない「独創的な技術力」によって、他社の参入が難しいニッチな分野で高いシェアを確立している会社です。日機装の製品は、命に直結する医療現場や発電所、また航空機など、いずれも「万が一」が許されない環境下で活躍しているものばかりです。そのような「万が一」が許されない環境だからこそ求められる「独創的な技術力」こそ、他社に負けない日機装の最大の強みです。
Q女性社員の割合を教えてください。
A従業員のうち、女性社員の占める割合は約20%(2016年9月現在)です。男女比の割合では、男性社員のほうがまだまだ多いですが、仕事内容やキャリアアップにおいて性別は関係なく、多くの女性社員が活躍しています。また、当社では女性が出産などのライフイベントに合わせて働きやすいよう充実した制度をご用意しています。詳しくは「教育・福利厚生」のページをご覧ください。
Q今後のビジョン、成長戦略について教えてください。
A私たちは2016年度から5年後の日機装の姿を具体化した中期経営計画「日機装2020」をスタートさせました。この計画では、卓越した技術力を武器に、各事業分野でお客様が真に求める製品・サービスを提供し、日機装独自の技術でこれまで以上にお客様に選ばれる会社になることをめざしています。
Q海外における事業展開について教えてください。
A日機装は、世界中のお客様に製品を供給するグローバル企業です。海外拠点は59カ所あります。例えばインダストリアル事業では、世界的な特殊ポンプのサプライヤーとして、ドイツやオランダなどに生産拠点をもち、各種エネルギー産業を支えています。航空宇宙事業では、ベトナムに生産拠点をもち、世界の航空機メーカーに高品質な部品を供給しています。メディカル事業では、中国やタイなどに生産拠点をもち、国内外に医療機器を供給しています。そのほかにも、日機装は海外に多数の販売代理店をもち、世界中に製品を提供しています。
Q研究開発の体制について知りたいです。
工場・研究所の所在地を教えてください。
A研究開発については、静岡県内にある「技術開発研究所」が中心となって取り組んでいます。工場拠点は、国内では「東村山製作所」「金沢製作所」「白山工場」に加えて、新たに「宮崎工場」を新設し、生産技術の高度化や生産力の増強を通じて、さらなる事業の拡大をめざしています。このほか、海外にも拠点を多く展開しています。詳しくは上述の「海外における事業展開について教えてください。」の回答をご覧ください。

「働き方」について

Q入社後の勤務地について教えてください。
勤務地の希望を出すことは可能ですか。
A入社後の勤務地は、本人の希望に加え、専門性や適性を踏まえて決定しています。また、年に1度、異動の希望や将来のキャリア形成について上司や人事部に申告する「自己申告制度」を設けています。
Q人材育成の考え方を教えてください。
教育・研修に関する制度・仕組みがあれば教えてください。
A新入社員向けの教育に加え、勤続年数や年齢に応じてフォローアップやスキルアップの研修などを実施しています。また、任意に活用できる通信教育やe-ラーニングなども充実しており、必要に応じて、資格取得などさらなるスキルアップが可能です。詳しくは「教育・福利厚生」のページをご覧ください。
Q入社後のキャリアステップについて教えてください。
A入社後のキャリアステップは社員によってさまざまです。ご参考として、各先輩社員のキャリアステップが、「先輩社員インタビュー一覧」よりご確認いただけます。
Q事業を越えての異動はありますか?
A基本的には事業内の異動が多いですが、事業の枠組みを越えたプロジェクトも増えているため、今後は事業を越えた異動も増える予定です。
Q海外で働くチャンスはありますか。
Aどの事業でもチャンスがあります。インダストリアル事業では、海外グループ会社のLEWAと関わりが強いため、現地への出張・駐在の機会があります。精密機器事業では、台湾やアメリカなどのグループ会社で製品を製造・販売していますので、それらの会社への出張や転勤の可能性があります。航空宇宙事業では、売上の約9割が海外向けの製品であり、またベトナム工場での顧客対応や技術指導の機会も多いため、海外への出張・駐在が最も多くなっています。メディカル事業では、他の事業と比べると現在は機会が少ないですが、近年は海外向けの製品にも力を入れており、海外で働くチャンスも増える予定です。
Qワークライフバランスや女性の活躍推進など
「働きやすい職場環境づくり」のために注力していることを教えてください。
A多様な人材、特に女性が働きやすい職場づくりのためさまざまな制度を設けています。また、社員の長時間労働防止や有給取得支援にも取り組み、近年の有給消化率は約55%に達しています。詳しくは「教育・福利厚生」のページをご覧ください。
Q福利厚生について教えてください。
A社員の福利厚生を目的に、祝金や休暇・休業などに関する制度を整備するほか、社員が利用可能な施設や優待制度なども充実させています。詳しくは「教育・福利厚生」のページをご覧ください。