深紫外線LED

深紫外線LEDとは?

紫外線を使って、水や空気を
殺菌・浄化する技術が
実用化されています

水銀ランプに替わる次世代の光源として、
幅広い分野での活躍が期待される

紫外線LED(UV-LED)は、水銀ランプに替わる次世代の光源として
注目が集まっています。特に、水銀ランプの主用途であった
“紫外線を用いた硬化・乾燥・接着”というUVキュアリングだけでなく、
LEDならではの特長を活かして、水や空気の殺菌・浄化、医療分野の応用など、
多様な分野でのアプリケーション開発が期待されています。

安全、省エネ、長寿命が特長

これまで、水や空気の殺菌には、水銀ランプが使われてきました。
しかし、水銀は人体や環境へ悪影響を与えることから「水俣条約」で2020年をめどに制限されることになりました。
そこで注目を集めるようになったのが、「深紫外線LED」です。
深紫外線LEDは、人体や環境への影響も極めて少ないうえに、コンパクトで省エネ・長寿命という特長をもっています。

水銀ランプと深紫外線LEDの比較

  波長 動作電圧 大きさ ウオーミング
アップ時間
寿命 環境負荷
水銀ランプ 複数波長
100~数万V 数cm~
数m
10~30分 3,000~5,000時間 高い
深紫外線LED 任意の波長を
選択可能
5~10V 数mm 0秒 10,000時間以上 低い

水銀ランプの製造・輸出・輸入は原則禁止へ

2013年10月10日に熊本県で開催された国連環境計画(UNEP)の外交会議で、水銀汚染防止に向けた国際的な水銀規制「水俣条約(Minamata Convention on Mercury)」が採択されました。2017年8月16日に発効された当条約によって、水銀を使った製品の製造・輸出・輸入が原則禁止となっていきます。